2010年02月11日

プロパガンダはエンターテインメントの服を着て -情報戦戦術02-

情報戦術で大事なのは、「相手のレベルに合わせて」「わかりやすく」伝えることです。
その上で「おもしろく」が出来れば最高。

おQ層を説得する『たった一つの冴えたやり方』 -情報戦戦術01-」 でも説明しましたが、説得とは相手の考えをねじ曲げることですから、違和感や不快感をいかに抑えるかが重要です。
その解決方法の一つが、「娯楽の中に主張を込める」方法です。

共産系や左翼系がよく演劇や映画をやっているのはそういうことです。

娯楽ですから、だれも主張を押しつけられてると思いません。
その作品がエンターテインメントとしてきちんと成立していれば、物語として警戒心を抱かせずに相手の心に入り込みます。
事実にウソや誇張を混ぜ込んでも、「所詮お話しだから」で済まされますので、事実以上の表現やねつ造が可能です。
エンターテインメントなら、新聞等も簡単に取り上げてくれるので告知が楽。
そしてその作品が感動的(もしくは笑撃的、衝撃的)であればあるほど、その人の思想や思考に与える影響は大きくなります。

戦時下では政府が娯楽映画を作ったりするのは、戦略・戦術どちらとしても至極当たり前のことです。
特に一般層(今の日本で言えばおQ層)は自分で情報を検討する人ではありませんし、思想的な意見はそれだけで拒絶反応を示しやすいので、こういった手法で心理的なハードルを下げたうえで、浸透させたい情報を提示してあげることが情報戦術には極めて大事なのです。

まさに『プロパガンダはエンターテインメントの服を着て』やってくるわけです。

エンターテインメントの服を着た意見の主張の効果は絶大です。
そしてそれが判っているから、例えば「ニコニコ動画の政治カテ動画には工作員が沸く」のです。
影響を最小限に食い止めるために。


実際、以前に分析した小沢氏不起訴(「言えない情報が多い時には裏を読まないと本当の意味は伝わらない -特捜部会見の真意-」)の周知のために下記の動画を作って公開したところ、案の定工作員が沸きました。(動画など作ってないで分析しろ?ごもっともです。でも私は分析の専門家であると同時に実践する人でもありますので・・・)
いやぁ、3名ほどコメントしている人のIDをNGにするだけでネガティブなコメントが一気に消える様は壮観です。少数で大量のネガティブコメント、まさに工作員の教科書通り。


(気に入って頂けたら、マイリスの程よろしくお願いしますm(_ _)m)

こういった動画に工作員が沸くということは、それだけ相手が嫌がっている、つまり効果があると言うことの証左といえます。
ちなみに、この手法では「ネタ6:マジネタ4」(「笑い要素6:マジ要素4」とか)辺りがオススメ。
あくまで娯楽メインである必要があります。
(なので上記動画もあえて総統閣下が暴走しております。「もう小沢関係ねぇwww」は狙い通りの褒め言葉です。)

もし周囲に真面目な話をしたければ、是非エンターテインメントの服を着せてあげてください。
食いつきが違いますよ。




【おまけ】


『忙しい人のための、外国人参政権問題反論集』

(1)税金を払っているんだから参政権を与えるべきと言う意見に対して

「税金払ってるんだから参政権よこすニダ」

『はぁ?税金と参政権は関係ねぇぞ。』

「どういう事ニダ?」

『お前の国では、ホテルに泊まった客をホテルの運営にまで参加させるのか?』

「客は金払ってホテルの施設使わせるだけに決まってるニダ」

『だろ。つまりはそういうことだ』

「・・・orz」



(2)日本に住んでいるんだから日本人と同じ権利を与えるべきと言う意見に対して


「日本にずっと住んでるんだから日本人と同じ権利をよこすニダ」

『はぁ?日本にいる期間と参政権は関係ねぇだろ。欲しけりゃ帰化しろ。』

「関係ないこと無いニダ!」

『なら聞くが、お前の家に長いこといる居候が“ずっといるんだからお宅の息子と同様に小遣いくれ”と言ったら、お前は金やるのか?』

「よそ者がそんな事言ったら即刻たたき出すに決まってるニダ」

『だろ。つまりはそういうことだ』

「・・・orz」
posted by FumiHawk at 01:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 情報戦略・戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日NHKで古田織部をやっていました。
その中で、登り窯が日本で出来るようになったのは、秀吉が朝鮮出兵したとき、朝鮮の陶工を連行してきたからだと言っていました。
連行して来たのか、ついてきたのかは分かりません。
こんな事を60年間やられれば、脳の中がおかしくなって当然です。
プロパガンダは、誰もが多かれ少なかれ影響を受けています。
Posted by 八目山人 at 2010年02月11日 15:46
>八目山人

おっしゃるとおりです。
ですので、「影響を受けるな」ではなく、「影響を受ける可能性を考慮する」ということが重要です。
いつも書いていますが「無色透明な情報など無い」のですから。
Posted by @FumiHawk at 2010年02月11日 16:02
すばらしいサイトですね。
現段階で私たちがすべきことは、目覚めた人たちだけでスクラムを組むのではなく、
多くの催眠をかけられた人たちの目を覚ますことだと思います。
『一家に一台必要なのは、デジタルテレビではなくパソコン』
『「値で鹿」よりも「ひかり化」』を訴えていきます(笑)
Posted by やまかげ at 2010年02月12日 05:00
>やまかげ

ありがとうございます。
おっしゃるとおり、周囲の人に既存マスメディアへの違和感を持って貰う事が必要だと考えます。

おもしろいのが、PC、携帯問わず、情報リテラシーのレベルは「検索スキルに左右される」点です。
ですので、そのうち「情報検索入門」を上奏しようかと考えてます。
Posted by @FumiHawk at 2010年02月12日 06:56
すごいサイトですね!!
勉強になります(笑)

催眠術に掛けられた国民に早く目を覚まして欲しいと願っています。
参院選で自民にお灸をすえたつもりの多くの国民は民主が悪意を持った素人集団と言うことは全く知らず、投票したのでしょう?
もちろん、TVしか情報源を持たない人たちがマスコミに完全に騙されて・・・この結果です(悲)
しかし、今でも自分を否定したくなくて騙された振りをしているのが、あの信じられない支持率だと思います。
これからも、色々教えてください・・・期待しています。
Posted by ラッシュ at 2010年02月12日 09:46
すみません。
去年は衆院選でした(笑)

今年の夏の参院選はどんなことをしても、民主に過半数を渡してはいけないと思っています。
そんなことになったら日本は大変なことになります!
Posted by ラッシュ at 2010年02月12日 09:49
>ラッシュ

おQ層の選択→「国政から自民党の族議員を退治しようとしたら、国会を民主党の賊議員に乗っ取られたでござるの巻」orz

・・・とまあ、こんな感じでしょう(^^;
ちなみに支持率は補正が必要ですので、そのまま見ても洗脳の役にしか立ちません。
あ、保守層の意欲を挫くのにも役立ちますね(T^T)

ちなみにウチで計算している補正支持率もありますけど、コレばっかりは仕事のタネなのでネットでは非公開です。
マスコミ調査より低いのは間違いないです。
Posted by @FumiHawk at 2010年02月12日 13:38
情報戦は非常に大事ですよね。
よく分かります。自分も出来るだけ多くの人に日本の現状を知ってもらおうと自分なりに頑張っています。

ところでなんですが、既存のマスゴミしか
知らない人はともかく、インターネットで
依存して暮らしている人の中にもマスゴミ
に依存している人が少なくありません。

特に娯楽系なサイトなどで、政治の話や
韓国の話が出ると、他所に行けとか
無関心で通すとかまるで日本のことを人事のようにしか考えていない連中がたくさん
います。またニュースや事件などはマスゴミの報道を鵜呑みにしているのが大半です。
ネットをするしないに関わらず、日本人としての概念というか現実感が備わっていない人間が多いですね。苦労します。

こんなことを言いたくはありませんが、多くの人は実際に体感体験をして痛い目にあわないと現実感を持たないというのを
思い知らされる昨今です。
Posted by 影丸 at 2010年02月12日 14:19
>影丸

政治が実生活と綿密に関連しているという感覚が、一般の方にはありません。
これはひとえにマスメディアが長年その方向で世論誘導を行ってきた結果です。
なので、これを変えていくにはかなり時間がかかると思います。

あと、変えるためには正攻法以外の戦略・戦術が必須ですが、日本の政治ではこの部分はほとんど顧みられてきませんでした。
現状も極めて脆弱な部分です。
これをなんとかしないと・・・
Posted by @FumiHawk at 2010年02月12日 22:07
最後の「おまえの家の居候が…」っていうのは効かないかもしれない。半島人にとって、他人の家も我が家のように振る舞うのが親愛の情の示し方だそうから。
まったく面倒臭い奴等だ。
Posted by おいす at 2011年09月05日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。