2010年10月03日

中川昭一氏の一周忌に寄せて

丁度1年前の今日、中川昭一氏がお亡くなりになりました。

死因を始め情報が錯綜し、解剖による死因鑑定まで行ったにもかかわらず、結局の所その結果がどうなったのかさえ分からないまま。
一つだけ確かなことは、国益を考えて行動出来る「未来の総理大臣候補」が日本から永遠に失われてしまったと言うことでした。

あれから1年、日本を取り巻く環境は悪化の一途をたどり、無策政権が400日を越えて日本の舵取りをし続けることで、これまで積み上げてきた信頼や安全を始めとする過去の蓄積を猛烈な勢いで食いつぶしています。

メディアは社会の公器としての機能を事実上放棄し、耐用年数に達した既存の社会システムは揺れ動く国際社会、経済にパラダイムシフトを求められています。

こういう時代だからこそ、政治が生活と密着していること、政治の失敗のツケは国民つまり自分の生活悪化で払うこと、政治家を選ぶ、即ち選挙の本質は人気投票ではなく「よりマシな選択肢を選ぶこと」であること・・・当たり前のことを思い出す必要があると思います。

海外から信頼も厚く、優秀な、将来を嘱望された若い政治家が、メディアの都合で貶められ、追い詰められ、孤独のうちにこの世を去る、そんな悲劇が繰り返されていい訳がありません。

中川昭一氏の一周忌である今日、多くの方に今一度日本の行く末に思いを馳せて頂ければ幸いです。

[関連エントリー] 原因は『ワインではない』・中川昭一氏の酩酊記者会見

中川昭一情報・その1
 ばんえい十勝競馬で、『有志による中川昭一先生追悼杯』が開催されます。
 日時は10/9(土)第1レース(発走時間14:20)です。
 当日の模様は「オッズパーク競馬(http://www.oddspark.com/keiba/)」でネット中継されます。

中川昭一情報・その2
 10/27(水)に、中川昭一氏生前最後のインタビューが収録されたムック本が発売になります。
 詳細は追ってご報告いたします。

posted by FumiHawk at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 中川昭一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://togetter.com/li/55957
おはようございます。中川氏は本当に惜しい方でしたね。
10月3日の中川昭一追悼ツイートをまとめました。お時間があるときに目を通して頂ければ幸いです。
Posted by kyuuiti at 2010年10月06日 08:47
なぜ周りの人は彼を止めなかったのか。それが悔やまれてなりません。体調不良で急遽帰国しておけば。そんな言葉ばかりが頭の中で繰り返します。
Posted by かもねぎ at 2010年12月29日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。