2013年08月27日

「はだしのゲン」問題は表現規制や思想規制ではなく『ゾーンニング』の問題

事の発端は、8/16に共同通信が《はだしのゲン「閉架」に 松江市教委「表現に疑問」》と題して、松江市教育委員会が、漫画「はだしのゲン」を子供が自由に閲覧できない「閉架」の措置を取るよう市内の全市立小中学校に求めていたことを報じた事でした。


この記事に対し、NHK等その他のメディアも追従、識者等の意見を毎日新聞等が掲載して閲覧制限反対キャンペーン状態となり、閲覧を制限するのは表現の自由への侵害だといった論が巷に流れるようになってきました。
この動きに赤旗新聞やレイバーネットなど左翼系のメディアも呼応し、はだしのゲンの閲覧制限問題は、さながら思想弾圧であるかのような論調も目立ってきました。

また、日本漫画家協会はは27日までに、漫画「はだしのゲン」の閲覧制限について「表現規制につながりかねず、憂慮すべきこと」などとする意見書を発表しました。

このように、はだしのゲン問題を猫も杓子も「表現規制」と称していますが、これは大きな間違いで、この問題を思想的な活動に利用しようとしている団体等もある事から、特に識者や漫画家協会が問題の本質を理解していない点をとても憂慮しています。

この問題は「表現の自由」ではなく、本質的には「ゾーンニング」の問題なのです。

この問題を理解するの必要な情報は次の通りです。

1)「はだしのゲン」は1〜4巻と、5〜10巻は事実上別物である。
はだしのゲンは4巻まで週刊少年ジャンプで連載されていました。この部分が通称第1部と呼ばれている部分です。この段階で一端完結しています。
その後、大江健三郎等の後押しで続編が左派系オピニオン雑誌“市民”で開始され、共産党系雑誌『文化評論』を経て日教組の機関紙『教育評論』で連載を継続します。5巻以降(第2部)は原爆の話ではなく戦後の話と戦中の日本軍について書かれています。特に6〜10巻ではレイプシーンや首切りシーンといった性的だったり、残虐だったりするシーンが多く出てきます。

2)松山市の教育委員会が閉架にするように要請したのは「学校の図書室」です。
一般の図書館では閲覧可能で、小学校や中学校で閲覧させる事が問題になった訳です。

3)閲覧制限が掛かったのは6〜10巻のみです。
前述の通り、閲覧制限の掛かった第2部は、レイプシーンや残虐シーンが多く書かれています。
第1部は閲覧制限対象外ですので、そもそも原爆の悲惨さを理解するために必要な部分は問題無く閲覧できます。


今回の問題となった共同通信の記事の時点で、閉架にして閲覧をある程度制限した理由について、同記事では『市教委によると、首をはねたり、女性を乱暴したりする場面があることから、昨年12月に学校側に口頭で要請。これを受け、各学校は閲覧に教員の許可が必要として、貸し出しは禁止する措置を取った。』としています。市教委の古川康徳副教育長の話として『作品自体は高い価値があると思う。ただ発達段階の子供にとって、一部の表現が適切かどうかは疑問が残る部分がある』と掲載しています。

最初の記事をよく読めば「6〜10巻を閲覧制限にするのは、エログロシーンが多く載った漫画を“学校で読めるようにする事は”子供の教育に良くない」点が事の本質だと言う事がすぐに分かります。
今風に言えば「6〜10巻は18禁なので、簡単に閲覧できるようにはしない」・・・単純にそれだけ。

これの何処が表現の自由の問題なのか、理解に苦しみます。
1〜4巻の第1部は閲覧可能で、エログロシーンが多い第2部の、それも6巻以降がR18で閉架・・・読むなではなく、申請すれば読める状態。
「読ませるな」なら表現規制ですが「18禁の内容だから、子供が簡単に手の届くところに置くな」というのは、どう考えても『ゾーンニング』です。

これは表現の自由の問題とは全く異なります。
もし、はだしのゲンの問題が「表現の自由のために閲覧可能」になるなら、芸術性やメッセージ性が高ければ“小学校や中学校の図書館にエロ本を置いてもいい”という話になってしまいます。

表現の自由は最大限に尊重されるべきものです。
でも、どんな表現でも無条件に晒していいわけじゃない。
その表現を不快に思う人や、教育上好ましくないと考えられる表現もあり、表現の自由と個々の幸福追求のバランスを取るためには、それを不快に思う人や子供に見せないようにする棲み分けが必要になります。いわゆるゾーンニングです。

ゾーンニングは表現の自由と個々の幸福追求のバランスを保つための苦肉の策ではありますが、表現の自由を守る為の重要な手段でもあります。
それが、本質を見誤り、ゾーンニングの問題を表現規制問題と取り違えて意見を発する事は、逆に表現の自由を守る為の手段の重要性を損なう危険を秘めています。

はだしのゲン問題は表現規制問題ではなく「残虐シーンやレイプシーンが掲載された漫画を」「小中学生に」「学校の図書室で」「大人の目がなく自由に閲覧させるべきか否か」の問題なのです。

ゾーンニングの問題に、思想等関係ない問題を混ぜてはいけません。
posted by FumiHawk at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373151613

この記事へのトラックバック