2010年05月24日

2010口蹄疫アウトブレイクに関する分析(5/7暫定速報版) 2/4

【口蹄疫とは】

1)口蹄疫の概要

 口蹄疫とはピコルナウイルス科アフトウイルス属に分類される口蹄疫ウイルスの感染による急性熱性伝染病で、牛、水牛、豚、羊、山羊を始めとするほとんどの偶蹄類の動物(蹄が偶数の四つ足動物)が感染する。
 症状等は他に譲るが、死亡率も高く、極めて伝染力が強く、ワクチンは存在するがワクチンのみでは根絶が困難で、仮にワクチンを使用した場合、免疫を獲得した家畜が発病せずに感染した状態となり、そのまま長期間持続感染するキャリア化にいたる問題も起こるため、同一牧場で感染例が発見された時点でその牧場で飼育されている家畜は経済動物としての価値を失う。
 現在ほとんどの先進国は口蹄疫にたいしては移動制限と殺処分方式により防疫を図り、常在化を防ぐことを対策の基本方針にしている。ワクチンを使用すると感染が終息してもすぐには清浄国と認められず、長期間影響が残る。

 口蹄疫は一度発生すると,前述の通り国あるいは地域ごとに厳しい生畜と畜産物の移動制限が課せられるため、畜産物の及び発生地周辺の農産物の移動にも多大な影響が起こり、直接的な問題だけでなく間接的に生じる社会経済的な被害も甚大なものとなる。同時に感染拡大防止のために国際物流にも大きな影響を及ぼす。
 国際獣疫事務局(OIE)は、本病を最も重要な家畜の伝染病(リストA疾病)に位置付けている事からも、口蹄疫が畜産産業にとって極めて危険なウィルスであることがわかる。
 日本においても口蹄疫は家畜法定伝染病に指定され、発生次第移動制限と殺処分で速やかに対処することとなっている。畜産家にとっての資産を強制的に処分する行為が都道府県知事の権限ではなく、家畜保健衛生所の家畜防疫員が患畜と確認し次第直ちに殺処分することが法で定められている。言い換えれば口蹄疫が「時間との勝負」がもっとも重要な伝染病であると言うことを示している
 
2)口蹄疫の特徴

 口蹄疫は極めて伝染性の強いウィルスによる家畜伝染病である。その特徴を列挙すると以下の通りとなる。

 A)伝染性が極めて強く、感染の恐れがある場合殺処分を行わねばならない
 B)人に感染しないし、ごく稀に感染しても軽い発熱+αで終わる
 C)口蹄疫ウィルスは生存日数が長く(最大9ヶ月)衣類や飼料の付着からも伝搬する


 人に感染しない伝染病であるにもかかわらず、全世界的に極めて厳しい対応を取ることが定められている背景には、『極めて強力な伝染性』が原因である。
 牛、豚を含む偶蹄類は畜産における主力商品で、封じ込めに失敗すると一国のみならず周辺地域の畜産業が壊滅する。
 さらに、鹿など野生生物にも感染する(拡大阻止が難しい)、衣服や車、稲わらなどに付着した状態でも数週間から半年以上ウィルスが生きながらえることもあり、状況次第では発生地域に関連する畜産以外の物流にも大きな影響を与える。
 例えば、九州全土で口蹄疫が蔓延して終息の目処が立たなかった場合、この地域を通る輸出貨物の消毒等が義務づけられたり、海外から九州への直接的な物流のストップすら可能性としては否定できない。
 語弊を恐れず言い替えるならば、世界的には『口蹄疫は鳥インフルエンザと同等以上の危険性をはらんだウィルス』と認識されている。



 
3)口蹄疫発生後の対応

 口蹄疫が発生した場合、初期段階での封じ込めに成功できれば比較的被害は軽微で済むが、早期封じ込めに失敗すると問題解決までに莫大なリソースが必要となる。

 2000年に国内で口蹄疫が発生した際には、迅速な対応が功を奏し、約700頭を殺処分、40億円弱の対策費用で事態は収束した。
 一方、2001年にイギリスで発生した事例では初期封じ込めに失敗、600万頭の殺処分を行わねばならなくなり、被害だけで1兆1千億円、対策費用は3兆円を越える規模の事態となった。

 今回の対策として必要なのは「(1)感染拡大の防止」、次に「(2)感染源の処分」、それから「(3)被害の保証および再発防止」である。
具体的には下記の内容に当たる。

 (1)「人モノの移動制限」「徹底した消毒」
 (2)「殺処分」「殺処分した家畜の処理」
 (3)「殺処分した家畜の買い上げ」「資金手当ての保証」「新規に家畜を買い入れるための補助」
    「消毒薬等の備蓄強化」


 対策の成否は(1)および(2)がどれだけ迅速勝つ徹底して行えるかにかかっている。そしてこれらを迅速に行うために(3)に関して「全面的に保証することを表明」する必要がある。保証について具体的内容は後回しでよいから畜産関係者への安心を与えることが必要である。
 しかし現在に至るも政府の対応は鈍く、速やかな殺処理が必要であるにもかかわらず補償額算定の作業が進まないため畜産家は殺処分を行えていないため、口蹄疫の抑えこみ体制は整っていない。
 また今回は殺処分する家畜は非常に多いため、既に埋却処理の場所が確保できない事態に陥っている。宮崎県知事は国有地での埋却処理を要望しているが政府からの回答はない。
 コスト面から見ると埋却処理がよいが、埋却場所の確保が極めて困難で、埋却された家畜は腐乱して衛生状態を極めて悪化させると言う点を考慮すると、焼却処理を軸に検討する方が良い。この場合、既存施設での焼却は移動制限があることから、現地に仮設焼却炉を建設して対応することが望ましい。
 移動制限は特にマスコミに行う必要がある。県に対しても早急に資金提供を行うと同時に、畜産関係者に対して一時金を支払う等も検討に値する。

口蹄疫被害予想20100507.jpg
ラベル:口蹄疫 情報統制
posted by FumiHawk at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010口蹄疫アウトブレイクに関する分析(5/7暫定速報版) 1/4

ご無沙汰しております。

いろいろと活動している(実践が売りですので)のに加えて、口蹄疫問題が発生してBlogどころか睡眠時間もろくろく取れない状況でございます。
そんな状態ですので、お急ぎで回答が欲しいと言う方はTwitterのほうで話しかけてください。

・・・で、そのTwitterで口蹄疫についての情報が欲しい旨ご連絡頂きました。
現地宮崎県を除く全国のTV、ラジオ、新聞では当初ほとんど情報が無く、その後も統制された与党に都合の良い情報しか報じられていません。

口蹄疫は牛や羊など蹄が偶数ある動物(偶蹄類)がかかる伝染病ですが、人間には感染しないものの感染力が極めて強く大変危険なウィルス性の感染症です。
また、口蹄疫に対する対応に関して、民主党のあまりに酷い対応も目に付きます。
「防疫への“検討”と言う名の事実上の不対応」「情報隠蔽」「自分たちの対応の拙さを責任転嫁する情報統制」
これらは、まさに独裁政権と同種の対応です。
最早、口蹄疫は『国防問題と言っても良い状況であるにも関わらず』です。

現状では少しでも情報が欲しい状況ですので、5/7に当方で制作した『2010口蹄疫アウトブレイクに関する分析(5/7暫定速報版)』の本文の全てを、クライアントの許可を頂き公開します。
(レポートの現物は↓こんな感じです。)
kouteieki-20100507.jpg


数字等は少々古いですが、問題点などは当時と何ら変わっていません。(一定周囲の殺処分等が決まった程度)
つまり、当時から現在まで事実上与党である民主党は『まったくなにもしていない』と言っても過言ではないと考えます。
どの程度の役に立つかは判りませんが、この公開が少しでも宮崎で頑張る方々の一助になればと思っております。


【2010口蹄疫アウトブレイクに関する分析(5/7暫定速報版)】について

Blogの1エントリーに納めるにはレポートの文章量が多すぎるので、本文を3分割+公開経緯の4部構成になっています。

  1. 口蹄疫レポート公開に至る経緯(このエントリーです)
  2. 口蹄疫とは
  3. 推定感染経路
  4. 現時点の問題点

なお分析内容については5/7時点のものですが、現状でもほとんど変わっていません。
被害数字についてはこの分析時点で「ミニマムで20万頭」と想定していましたが、既にミニマムを大きく越えています。
ラベル:口蹄疫 情報統制
posted by FumiHawk at 10:17| Comment(1) | TrackBack(2) | 情報分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

近未来予想図(ただし悪夢の)

何人かの方から「分析結果を年表のような形にして欲しい」というお話しを受けました。
どうも個々の分析結果が時系列になっていた方が、知り合い等に説明しやすいようです。

ということで、これまでTwitter等で発言してきたことおよびセミナー等の場で説明してきた分析結果をまとめた、「直近から次期衆院選までの未来予想図」を年表にしてみました。
今後の展開が分かり易くなっています・・・ただし、内容は悪夢ですが。
そして、野党側はこの未来予想図をご存じないのも判っています。
(判っていたら、もっと必死に動くでしょうから。なにせ自分の「生命の物理的な危機」ですから)


2010年01月    引き続き内閣支持率低下
            鳩山、小沢政治資金問題でマスコミが「小鳩叩き」開始

2010年02月    受理された小沢氏への告発に関する不起訴発表
            基地問題がさらに混迷化、社民・国民新党が別案や調整に乗り出す
            タムコー民主入り

2010年03月    鳩山(弟)離党
            子供手当て法案本会議通過 ←イマココ
            民主・小林議員辞任(3月末以降)

2010年04月    内閣支持率低下するも自民党支持率は微増〜微減、新党期待高まる
            自民党内部から執行部批判が続出
            鳩山(弟)新党結成、桝添氏合流(4月末)

2010年05月    「日米同盟関係を維持するため辺野古案一本で調整する」発表がなされる
            基地問題の責任を取って鳩山内閣総退陣、ただちに組閣に入る(5月末)
            内閣総退陣を受けて民主支持率急回復、自民党支持率は微減

2010年06月    民主党党首選は「非常時」を理由に回避、原口(もしくは枝野)党首誕生
            選挙用内閣の予想陣容「原口(枝野)総理、蓮舫(枝野・原口)官房長官」
            マスコミの民主応援始まる。内容は「自民と違って民主は自浄作用がある」系
            若手と女性の新内閣発足を受け民主支持率急回復、自民党支持率は微減〜大幅減
            6月支給の子供手当て支給通知の発送業務が遅れる(いつものこと)

2010年07月    参議院議員選挙公示
            公示前後に子供手当ての支給通知が有権者に届く
            マスコミの民主応援継続。
            報道内容は「出来上がったばかりのフレッシュな内閣を潰すな」系が中心
            保守勢力は分断工作の影響で結束出来ず。
            保守有力者「衆院選まで民主は持たない」認識のまま抜本的対応不在選挙
            参議院議員選挙投票。民主党が衆参両院で絶対安定多数を確保。
            社民および国民新党は基地問題の影響で惨敗。
            自民党を含めた保守勢力惨敗、みんなの党が微増。

2010年秋〜冬   国会開催
            国会に「人権擁護法案(正式名:人絹侵害救済法案)」提出→可決
            事業仕分けで劇場型政治継続
            子供手当て財源確保のため、赤字国債増発

2011年       人権擁護法施行、同法案を実行するために「人権擁護局」発足
            国会に「外国人参政権法案」提出→可決
            景気悪化、失業者増大。
            生活保護費用や子供手当て財源確保のため、さらに赤字国債増発

2012年       衆院選準備のため、敵勢力による「人権侵害申し立て」が続出
            人権擁護法を利用した粛正、弾圧が行われる。
            最初のターゲットは「野党議員、保守系有力者、保守系論壇、保守系市民」

2013年       敵勢力による粛正、弾圧が完了。民主にとって不利な人は「物理的に排除」。
            衆院選公示、投票。民主党が絶対安定多数を確保。
            これにより民主党一党支配体制が確立される。


小沢氏は「民主党を利用した独裁体制の確立」を目指していますし、彼を応援する敵勢力も独裁体制を望むので上記のシナリオは別に突拍子もないものではありません。
もっといえば、実際にこのシナリオを実行するのは難しい事ではないですし、このシナリオを元にこれまで起こった動きを逆に思い出してみると、パズルのピースがはまるようにしっくり来ると思います。
そしてこのシナリオは世界中の『民主的に成立した数多の独裁政権』がこれまで幾度となく行ってきた手法でもあるのです。
小沢民主以外は、「永田町ルールの政治」をやっていますが、小沢氏をはじめとする敵勢力は「戦争」をやっていますので、ケンカと殺し合い位の温度差があります。

例えば子供手当ての強行採決なんかも、完全にこのラインの敵作戦です。
強行採決しなくても委員会を通る法案を、あえて「委員会レベルで強行採決」し、「これを煽って反対派のエネルギーを消耗させる」事が目的。
結果として、反対派は「声を上げても強行採決された無力感」に支配されたため、一番重要な16日の本会議通過はたいした反対もなく粛々と進められました。
敵にとっては本会議段階で揉められると、一般のおQ層にまで事態が知られてしまうのでこれは避けたかったからです。
委員会での動きまで気を配っているのは意識の高い層の人達ですし、この人達の「心を折る」ことが敵にとって今後最も重要なターゲットとなります。
そして緒戦で見事敵の工作通りになってしまったというわけです。

今のところ「なにも有効な手を打たなければ」このラインで進むでしょう。
敵勢力は有用な手を打たせないように攪乱作戦を展開していますので、敵工作に惑わされずに動けるかどうかが、日本の命運を左右すると言うことです。
posted by FumiHawk at 11:59| Comment(12) | TrackBack(2) | 情報分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。