2010年02月22日

【速報】長崎県知事選・町田市長選の分析(暫定→詳細)

とりあえず、Twitterで開票に合わせた実況分析を行いました。

久々にぶち切れ気味の発言内容については、Twitterの発言をご覧頂くとして、2/22午前0時30時点での分析の結果だけ先に上げておきます。


【選挙結果について】

1)長崎県知事選は、『実質的には“自民党の敗北”』である。

2)町田市長選は、『実質的には“自民党の辛勝”』である。

3)民主党が現在抱える問題、地方選の特徴を加味すると、
  長崎県知事選は『実質的には“自民党の大敗北”』
  町田市長選は『実質的には“自民党の敗北”』となる。


詳細な分析は、後日掲載。


・・・と言ってましたが、今(2/22午前3時4分)出来上がりましたので以下に追記します。
選挙結果の分析は0時半の速報段階で述べた通りで変更無しです。
分析に使用したデータは、全て各選管により公表されたものがベースとなっています。

なお、今回は分かり易くより速さ優先ですので箇条書き等多くなります。
あしからずご了承ください。



下表は、長崎県知事選および町田市長選の今回と前回の得票状況です。
2010年長崎・町田選挙1.jpg


どちらの選挙も、前回より投票率および投票者数が延びています。
すなわち「浮動票が増えている」と言えます。
町田の「民主補正分」は、民主推薦の「秋山てつお」と、鳩山友愛塾(鳩山首相主宰)出身の「宮本聖士」が立候補しました。
このため民主は票が割れているので「宮本」分を補正分として計上しました。
また2006年の町田市長選は、地域の保守系市議をはじめとする泡沫候補多数で票がメチャクチャ割れるという特殊事情があり、得票率がかなり低くなっています。

さて、この表で注目は「長崎県知事選の自民党得票が大幅に減っている」「民主党は長崎、町田とも票を伸ばしている」点です。

浮動票が増えた状態で得票を伸ばしていると言うことは、言い換えれば「引き続きおQ層は民主を支持する傾向にある」といえます。
そして「鳩山脱税問題」や「小沢スキャンダル」が、想像しているほど投票行動に影響していない証左ともいえます。
地方選は国政選挙と有権者の選択基準がかなり違いますから一概には言えませんが、鳩山首相や小沢氏への個人的な悪感情が民主党自体への失望に繋がっていないということです。


次の表は、長崎県知事選および町田市長選の前回からの得票の増減です。
2010年長崎・町田選挙2.jpg


長崎県知事選の自民党得票が大幅に減っているのがはっきりとわかります。
投票率が5〜7%程度上昇しているなかで、この大幅減は浮動票をまったく確保出来ていないことがわかります。
逆に民主はスキャンダル続出の中で大幅な増加とはいかないものの確実に票を伸ばしています。
ここでも有権者の認識は「スキャンダルは個人問題であって民主党自体の体質とまではいえない」と言うレベルであることがわかります。

最後の表は、長崎県知事選および町田市長選の自民党と民主党の勢力差です。

2010年長崎・町田選挙3.jpg


実はこの表が最も重要と言えます。
自民党は、2006年の長崎県知事選では「221.9%」というダブルスコア以上の得票で勝利しています。
これが今回選挙の規準になります。
この規準からすると、今回は「142.25%」とアドバンテージが半減しています。
選挙結果は自民候補の当選でしたが、この表から見えるのは「自民党を支持する層の離反」「保守層の弱体化」「おQ層の影響力の大きさ」だけです。

また、町田市長選は50%程度アドバンテージを伸ばしていますが、前述の通り前回選挙に特殊条件があるため参考程度にしかなりません。
ただ、町田でも民主党は得票を14%以上伸ばしている事を考えると、地域事情はあるものの長崎県知事選と同様に、鳩山脱税等各種スキャンダルは「民主党自体」にはあまり影響を与えていないことがわかります。


昨年末頃まで民主よりの報道ばかりだったマスメディアが、ある時点から一転して鳩山・小沢バッシングに走ったのはご存じの通り。
で、その結果がこの選挙結果に表れています。

マスメディアが意図しているかどうかは別にして、鳩山・小沢バッシングが激しさを増せばますほど、民主党側は「民主党の問題」を「政治家個人の問題」にすり替えることが出来たと言うことです。
この点は情報戦から見て至極定番なやり方ですし、国民に対して効果を現している事がはっきり証明されました。
(Twitter等ではその旨話したこともありますが、こんなに早く民主の仕掛けの成果が見られるとはねぇ。)

以上の分析を踏まえて参院選を推定すると、
「「このままでは自民党は惨敗する可能性がある」
ということです。

選挙には自民が勝ってますが全体としては民主の高笑いが聞こえるようです。

先ほどまで、Twitterで「自民勝利!」みたいな感じの議員を何人も見かけました。
自民党議員さん、そんなことだと参院選で大惨敗を喫しますよ。
現時点ですら、民主党大料理!のシナリオも想定できますので。


posted by FumiHawk at 00:48| Comment(37) | TrackBack(3) | 情報分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

まさに『理を以て非に落ちる(*1)』 -枝野大臣は小沢情報戦略の落胤-

世間では枝野大臣は「反小沢陣営の急先鋒」と目されているようです。
また、民主党内で唯一小沢氏に物申すことができるとされる黄門様こと渡部恒三氏が「頑張ってくれ。こんなにうれしいことはない」(*2)と歓迎、TVの取材に対しても反小沢派の攻勢を匂わせる発言していることもあり、今回の大臣就任は反小沢派の勝利との理解(*3)が主流で、基本的には歓迎する意見(*3)が大変多く見受けられます。

これで間違いない?
本当にそう思う?


この問いに「Yes」と答えたそこの貴方、すごく真面目で良い人なんですね。
でも情報操作にもっとも弱いタイプですのでお気をつけください。

「No」と答えた貴方、周りから「いい性格してる」とか言われたことありません?
でも情報戦には比較的耐性がありそうですが、場合によってはころっと騙されてしまうかもしれませんから気をつけて。

「わからん」と答えた貴方、答えた理由が考えるの面倒だとかでなければ、その姿勢は対情報戦においてはもっとも耐久力がありそうです。

上記の問いの答えはこのエントリーを最後まで読んでいただければわかると思います。



さて、本題に入りましょう。


各種報道情報を突き合わせてわかる事実は次の通り。


・枝野議員が行政改革推進大臣に就任

・渡部議員をはじめとする反小沢派が歓迎

・鳩山首相は小沢氏と枝野入閣について会談、小沢氏は「異論はない。」と了承(*5)

・枝野大臣、渡部議員は反小沢陣営の代表的存在



この内容に関して、特に異存はないと思います。
実際、小沢応援ムード一色の民主党内で小沢氏の進退に言及していた(*6)のは実質渡部議員だけですし、枝野議員も反小沢派と目されています。
その反小沢陣営の一人が入閣し、後ろ盾と考えられる「ご意見番がそれらしい発言をしてることから、「小沢氏独裁体制の崩壊」と世間が色めきだつのも無理はないところです。

だが、ちょっと待ってほしい(築地辺りの瓦版屋風)
実際のところはどうなのか?

最初に分析の結論から言えば「小沢氏の戦略勝ち」というところです。
もちろん渡部氏をはじめとする反小沢派の期待は嘘ではなく、今回の入閣を枝野大臣も周囲も小沢氏支配の一角を崩したと受け止めているでしょう。
また枝野大臣や反小沢派の名誉のために言っておくと、彼や周囲が変節して小沢氏の軍門に下った訳でもありません。
たぶん彼らは小沢氏の独裁を内閣の中から切り崩してやろうと意欲満々だろうと思います。
(ちなみにこの意欲は任命式での服装からも見て取れますが、政治家の服装と情報戦略については後日エントリー予定)

また、マスコミや評論家の方々が好きな「政局」および「政治力学」とやらから見れば、反小沢派勝利の結論になると思います。
しかし政局や政治力学と言う視点は、基本的に目先の陣取り合戦ですので「戦術」レベルのお話しです。
さらに、これらの視点には「人」と言う要素が決定的に書けています。
これは「力学」等という言葉を使う時点でも明らかで、政治が物理法則であるかのようなものに見えてしましますし、また政治力学という言葉を使う人にはそう見えているのでしょう。

ただ、これを人に重点を置いた情報戦略の点からみると、まったく景色が変わります。

つまり『「譲歩した=負けた」ではない』のです。

戦略の目的によって、同じ局面でも用いる手段(戦術)が変わってきます。
最終目的地を「党内での主導権争いに勝利すること」とするか、「民主党を生き残らせて、自分を守る」とするかによって、当然戦術は変わります。

現在小沢氏は引き続き検察との対決状態にあり、民主党が与党であることが大きなアドバンテージになっています。
特に選挙のプロとして党内を掌握している彼にとっては、この「与党民主党」を維持することが、自分の身を守るためにも最も重要視しなければならない点です。
また自分に協力してくれた勢力のためにも、ある程度彼らの希望する方向で政治を行わなければならず、これを実現するためには民主党の衆参単独過半数が最も望ましい形です。
単独過半数の目処がある限り、公明との連立は想定していません。
ですので、タムコーの引き抜きといった工作を行っているわけです。
(衆参単独過半数が目的等この辺りについてはTwitterでも以前発言していますが、詳細はまた今度)

一方の反小沢派は、小沢支配で自由な行動どころか発言すら制限されており、この閉塞状況を打開することが民主党再浮揚の必須条件だと考えています。
これは、過去の反小沢派および雑誌等で紹介されている匿名での民主党議員の発言を見ても明らかです。

そして、両者に共通するのは「民主党政権の維持」です。

反小沢派は「小沢支配の一角を崩すことで、民主党政権を維持したい」と考え、
小沢氏は「とにかく自分のコントロールが効く形で民主党政権を維持したい」と考える。


前者は目的を達成するには「反小沢派の入閣」を戦術として選び、結果として成功しました。
ここまでを見ればマスコミ等の見解の通り。

では、これが小沢氏にとってはどのような意味を持つのか。
状況分析からすれば、小沢氏は「次の参院選に負けなければ自分の勝ち」と考え、それを現実化するための戦略に基づいて動いています。
選挙に負ければ、自分の影響力が著しく低下することを本人が一番理解しているからです。
そして、選挙に勝つためには「現在民主党に失望しつつある、政権交代を後押しした“おQ層”に再度応援してもらう」必要があるのは明らかです。
(衆院選の実際の得票率は、議席数ほどの差が無く、僅差で勝ちを拾った部分は“おQ層”の影響です)

以前のエントリー(おQ層を説得する『たった一つの冴えたやり方』 -情報戦戦術01- )でも言及しましたが、おQ層は極めてマスメディアのイメージに影響されやすい層で、この層は情報を収集し吟味すると言う習慣がありません。
現状であれば、民主党はイメージさえ改善出来れば選挙に勝つことは難しくても、負けることはないと言えます。
これは「衆院選で民主党に投票してしまった自分の行動の正当化」心理が後押ししているためです。

よって、小沢氏はこの理解をベースに戦略を立て、現状で「自分の影響力低下を極力避け」なおかつ「世論の圧力を緩和し」さらに「党内の不満を軽減する」戦術を採りました。

つまり「反小沢派の枝野議員の行政刷新相就任」です。

反小沢派の枝野氏を入閣させた事により「党内の不満を軽減」し、行政刷新相という“改革推進ポスト”に若い議員を当てて民主党の自浄作用を演出して「世論の圧力を緩和」し、無任所大臣という“どうでもいいポスト”を反小沢派に与えることで自分への辞任圧力を弱め「自分の影響力低下を極力避けた」わけです。

無任所大臣というお飾りポスト一つ与えるデメリットで、これだけ多くのメリットを享受出来るなら、その程度の出血は許容出来るレベルです。
さらに大臣に就任すれば枝野大臣の動きは制限され、本人の意志とは関係なく小沢氏をある程度ようごせざるを得ない、そうしなければ内閣が維持出来ないからです。

黄門様はじめとする反小沢派は本気でケンカに行ってポスト勝ち取ったでしょう。
そしてポストを勝ち取った。
ただし、反小沢派の戦術的勝利は小沢氏にとって「くれてやっても良いレベル」で、しかも「ポストをやるデメリットと、そのことが世論に与えるメリット」を比べて、メリットの方が大きいと判断した結果です。
これは頑なに入閣を拒んできた枝野氏を、「異論はない」で入閣させたことで明らかです。
そして、入閣後の枝野大臣の動きを見ればこの小沢氏の戦略がいかに有効であったかがわかります。
(もっとも、この策の効果がどこまで続くかは判りません。その意味で前出の問いは「わからん」が最も正解に近いと言えます。)


この一連の動きは「視点の置き方の重要性」を知る上で、非常にわかりやすい事例だと思います。
そして、既存の評論やメディアの限界点を知る上でもわかりやすい事例であると言えます。




・・・というわけで、皆さん枝野大臣就任で「小沢m9(^Д^)プギャー 」とか言ってる場合じゃないんですよorz


(*1)『理を以て非に落ちる』
道理で論に勝ちながら、実際には負てしまうことです。今回の事例では「損して得取れ」みたいな感じ。
「理に勝って非に落ちる」とも言います。

(*2)『刷新相に仕分け人、反転攻勢の“カンフル剤”』(読売オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100211-OYT1T00263.htm

(*3)『「反小沢」枝野氏入閣の理由は? 』(日テレニュース24)
http://news24.jp/articles/2010/02/10/04153321.html

(*4)『【主張】枝野氏入閣 「行革に本腰」なら歓迎だ』(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100211/stt1002110255000-n1.htm

(*5)『枝野氏を行政刷相に辞令、小沢氏「異論はない」』(財経新聞)
http://www.zaikei.co.jp/article/biznews/100210/43892.html
   『枝野行刷相が就任 首相、小沢氏から事前了解』(日経ネット)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100210NTE2INK0710022010.html

(*6)『渡部元衆院副議長「歴史に残る決断すると思う」小沢氏辞任を示唆』(産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100206/stt1002062334007-n1.htm
posted by FumiHawk at 10:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 情報分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

消極姿勢になった方が重要度が増すこともある -米、QDRで二面作戦を放棄-

少々忙しくしております。
で、Blogが・・・ネタはあるんです、いくらでも。
ただ分析は情報収集に時間がかかるし、情報操作関連はすぐ書けるが分量が増えるorz

というわけで、情報収集中ですが重要と思われる【米、QDRで二面作戦を放棄】ネタを取り上げます。

(情報収集中なので、以下の分析結果はいつもより若干精度が落ちます。今後の情報次第では再分析・結果変更する場合もあります。)


さて、今回俎上に上げるのは米国防総省が2月1日に発表した「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)。
これ原文(英語)が128頁もあるもんで、翻訳してる暇がありません。
翻訳文(報道情報にあらず)があれば詳細な分析出来るんですがね。
翻訳待ってたら時機を逸してしまうと思うので。
今回分も防衛省で仮訳文を作ると思うんですが、多分当分先になるでしょうし。
(ちなみに2006年の分は、防衛省のWebサイトにあります。)

なのでここで書いているのは報道情報が報じる「2面作戦放棄」の影響についてのみです。

なんでこんな状態で取り上げるかというと、どこぞの軍事評論家様が酷く間違った解釈をしており、それを真に受けられると非常に困るからです。

ここで言う2面作戦とは多分アジア方面(北朝鮮)と中東方面(イラク)でしょう。
放棄するとなると北朝鮮ということになります。

で、件の軍事評論家様はこれをもって「普天間飛行場の移設問題は昨日のQDRでほぼ決着。鳩山首相の勝ち。」と仰っております。
さらに続けて「アメリカは朝鮮半島の戦争をしないってこと。これで沖縄の海兵隊の役割は終わった。」とも仰っております。

もうね、アホかと、バカかとorz
あまりの脳内お花畑ぶりにあきれてものも言えません。
さすが逆神殿、としか言いようがない(爆)

この分析(というより妄想か願望)はいくつかの点で大きく間違っています。
そして、無意識でしょうが理論のすり替えも行われています。

「辺野古沿岸の新基地建設はない。」=「普天間飛行場の移設問題は昨日のQDRでほぼ決着。」これは明確なすり替えです。
マスコミ関係がよく行う印象操作手法ですね。

つまり普天間飛行場の移設問題とは「基地をどこに置くか」であって、もともと合意していた辺野古沿岸の新基地建設が無くなったとするならば、新たな設置場所を決めなければなりません。
辺野古合意案は奇跡的とも言える案でしたので、これが無くなると言うことは移設問題はさらに困難な状況に追い込まれていると言うことです。

浮かれて勝利宣言する状態ではなく、頭抱えてうずくまるのが普通の反応。
なので当然鳩山総理は勝利どころではありません。


「これで沖縄の海兵隊の役割は終わった。」については、どうやら逆神殿の脳内前提では「沖縄海兵隊=朝鮮半島有事用」の図式があるようですが、この時点で軍事評論家としては「駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・(By夜神月)」状態です。

アメリカにとって朝鮮半島は不安定要因ではあるもののアジアの重要事項ではありません。
アメリカの戦略にとって、アジアで最も重視しているのは「中国」です。
特にアメリカが気にかけているのは、マラッカ海峡を含むインドネシア周辺を通るシーレーン、インド洋、そして台湾周辺です。
これらの地域で中国のプレゼンスが増大することはアメリカにとって大きなマイナスで、これを防ぐための要として「沖縄基地」が存在します。

かつて存在したフィリピン基地を廃止している今、前述の地域で有事があった場合、即応するための基地は距離的に言って沖縄に存在しなければなりません。
ですので、沖縄にいる海兵隊の役目は引き続き重要です。

さらに、「2面作戦を放棄」ということは、作戦放棄した地域の戦力は紛争抑止のためにより重要となります。
つまり「戦闘しないためには、戦闘する気が起きないようにしなければならない」ということ。
玄関と勝手口がある家で、勝手口を使わないからと言って鍵をかけなければ、いつ泥棒に侵入されるか判りません。
普段使わなくて目が行き届かないなら、より鍵の重要性は増します。

この点から言えば、「2面作戦を放棄したが故に、沖縄の基地および海兵隊の重要度は増している」と分析するのが筋です。


なのに・・・なんでしょうこの妄言は?
こんな事マジで言ってたら世界中で笑われます。

逆神殿の分析は日本の都合を前提としています。
ですが、基地移転問題は実はアメリカの問題なので、アメリカの都合を元に分析する必要があります。
そして、この「日本の都合は関係ない問題を、日本の都合を規準に分析する」専門家や評論家が大量にマスコミには登場しています。
(マスコミとしては、海外事情を基礎に分析されるよりも日本の事情を基礎に分析する人の方が理解しやすいし、視聴者にとってもわかりやすいからです、分析が正しいかどうかは二の次。)

なので、ウチの読者様はゆめゆめ間違った理解をなさいませんように。
ラベル:海兵隊 沖縄 QDR
posted by FumiHawk at 23:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 情報分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。